春山薄绿

一期一振近侍曲解读

翻译皆来自b站 一期一振:一期一振の穏やかの性格と上品な物腰、気品のある容姿。それらから、ただ和モチーフの楽曲ではなく、和と洋が絶妙的に入り混じった方向性が合うのではないかと感じました。同時に粟田口の兄という立ち位置による包容力や、弟である短刀達と仲良く戯れている、温かで優しい光景も意識しています。楽曲を通してノスタルジックで、まるで彼がワルツを踊っているようなテイストを大事にしました。また、大阪城落城の際に焼け、その後、再刃された彼の過去を印象的に演出したく、イントロで工夫をしています。曲冒頭では再刃される前の過去の彼のイメージで4分の4拍子でレコードやラジオから流れる音声のような音質に加工して、サビのメロディーを演奏しています。その後、0分17秒より再刃後の現在の彼のイメージで、4分の3拍子に拍子変更となり、曲本編が開始となります。一期一振的翻译:这首曲子让人感受到一期尼沉稳的性格和优雅的态度以及气度不凡的容姿,这不仅是一只和风乐曲,而是与洋曲风格的绝妙融合,与此同时还表现出身为粟田口哥哥的包容力和与短刀弟弟们的温柔温暖的相处场景(此处待改进)。通过乐曲表现的怀旧之情像是在跳华尔兹一样,前奏在演绎他在大阪城陷落时被毁之后被重新锻造出的过去,乐曲开端用4/4拍加以音响音质加工,旋律沉稳,表现了他重塑之后的意象,17秒开始后是对重塑后的他的描绘,转换为3/4拍进入主旋律 【刀剑乱舞近侍曲+官方解说】其ノ一(三日月宗近,一期一振) UP主: 花凛。 http://www.bilibili.com/video/av17676808
2017-12-28
© 春山薄绿 | Powered by LOFTER